相棒 -劇場版IV-

見てきました。
昨日、テレビで映画の1作目がやっていて、それを見ていたんだけど、
最新版が今公開中!と見たら、気になって^^;

内容は

東京を舞台としたテロ事件についてで、東京×テロ では、映画1作目と同じでした。
昨日見たばっかなので、そういう意味では被るけど、警察映画なんで、そんなものかな。
まぁ、そういう設定はありきたりだけど、内容はおもしろかったです。

日本の歴史が絡んでいて、出てくるキーワードが気になってしょうがない。
映画を見ている中で、「これ、後でググろう。」と何度思ったことか。
いつも思うけど、ググろうと思う行動は、どうなんだとう。。。
見ていた中で、気になることが何回もあり、
「何で?話している場合じゃないでしょ?」と思う場面があったりして、
なんか作りこみが甘いな~。と思いながら見ていたけど、最後には納得しました。
気になった点は、伏線になっていて、最後に回収されたので、自分の中ではスッキリしました。

よくあるドラマでは、伏線は回収されずに、終わることがよくあるけど、
ちゃんと伏線として回収してくれたのは良かったです。
そういう意味でも楽しく見れました。
相棒が好きな人には、オススメです。

1959年特別措置法, トラック諸島, 未帰還者, エレベータ

余談ですが、

公開予定のポスターで気になるのがありました。
見に行きたい記念にメモ

ひるね姫
監督が 神山健治 というのが気になった点です。
「東のエデン」「攻殻機動隊 S.A.C」の監督なので、話も面白そうだな~と。
2017年3月18日公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です