トヨタ式”カイゼン”

WBSでトヨタ式”カイゼン”が取り上げられていた。
今まで、トヨタ式”カイゼン”を勉強したことは無かったが、見ていると詳細が知りたくなった。

イノベーションに合わせた”カイゼン”の必要性。ということだが、何も変わらず閉塞感があるときには、必要!
ということで、気になったので、トヨタ式”仕事カイゼン術”という本をamazonでポチりました。

そして、届きました^^;

とりあえず、マンガのとこだけ読みました。
マンガの途中に、”カイゼン”のポイントなどあるけど、そこは、とりあえず、読み飛ばし!

読んで思ったことは、自分の会社でも”5S”をやっているけど、効果的な”5S”は出来ていない。
とりあえず、見た目をキレイにすることだけを優先している。
例えば、「机の上の物は、引き出しに片づける。」「コンテナボックスに仕舞う。」とか。

断捨離 という単語は家の片づけでは聞くけど、5Sも同じ意味なんだ。と改めて認識した。

~5S 整理・整頓・清掃・清潔・躾(しつけ)~
■整理
片づけるは、単に片づけるだけでなく、必要な物・不要な物を分ける作業
必要な物は、すぐ使うもの、いつか使うもの、ずっと使っていないもの。に分ける。
そして、ずっと使っていないもの。は捨てる。

捨てる。という判断をするのは難しいが、確かに取っておいても使わないものは使わない。
もう少し、会社でも”断捨離”をしないとな~。

■整頓
分かりやすく整理する。
必要な物を、必要なだけ、必要な時に、取り出せるようにする。
仕事で急に休んでしまっても、代理に人に引き継ぎがスムーズにできるように、整頓しておく。
誰かが分かるようにしておくこと。

読んでいて、重要なのはここかな。と
あとは、基本的な清掃や
整理・整頓・清掃した状態を維持する”清潔”
また、上記を教育する躾(しつけ)

会社の机を、整理整頓しないと。いけないな~。。
今の会社の仕事は、個人で仕事をしている。
引き継げる人がいない。能力が低いから?

それを教育しないといけないな~と思った。

1人の100歩の頑張りより、100人の1歩の頑張りが大事!!ということらしい。


マンガでわかる! トヨタ式仕事カイゼン術 (宝島SUGOI文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です