人を動かす 人を動かす三原則

読み始めて、1日目

自分に自信がないから、人を批判して安心したくなる。

だからといって批判していてはいつまでも人と関われない。

冷静な時には分かるけど、カッ!っとなった時にも冷静でいられるか?

じぶんの性格を分析するに、普段は冷静で人とかかわらないくせに、カッ!となった時は人を避難する。

ダメだと分かっていても冷静でなくなっては、、、、

言ってることは分かるけど、実践するのは難しい。

「批判も避難もしない。苦情もいわない。」

2日目

時に人を批判、避難したくなる。いわゆる愚痴りたくなる。

ただ愚痴るのは好きじゃない。というより、愚痴った時の内容が漏洩したら大変なことになる。

相手を信用しないと愚痴りなんかできない。

信用している相手も少ないので愚痴れない。

会社で信用している人って何人ぐらいいるかな。

片手ぐらい?そんなにいるかな?

愚痴ってストレスのハケ口で言うのはまだ好きだけど、聞くのは好きじゃない。

だから、言わない。って考えている自分がいる。

人を非難するのも同じ。

人に対して愚痴っていてはNG!

手紙でもブログでも人に迷惑にならないようにすればいいと思う。

僕のようにね。

3日目

人は誰でも、自分が悪いとは思わない。

その場で、表面上で誤りはしても、ホントに悪いとは思わない。

なぜなら、他人に非難されるのが嫌いだから。

だから、人をうまく動かそうとすれば、その人を非難してはいけない。

非難すれば、その人はこちらに対して壁を作ってしまう。

だから、相手が自分を正当化しようとしているのを受け入れる必要がある。

そのうえで、上手にコントロールする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です