リチウムイオン電池とは

リチウムイオン電池とは

電池は化学反応をにより、電気エネルギーを取り出すことができる。乾電池のような一次電池は、使い捨てで充電ができないが、二次電池は充電が可能である。二次電池には、ニッケル水素電池やリチウムイオン電池がある。その中で、リチウムイオン電池は、エネルギー密度が高いため、他の二次電池に比べて同じ大きさで多くのエネルギーを蓄えることができるため、ニッケル水素電池に比べて電池が長持ちする。

リチウムイオン電池の特徴

種類 メリット デメリット
ニッケル水素電池  ・乾電池の代替として利用可能 ・メモリー効果で劣化しやすい。
リチウムイオン電池 ・エネルギー密度が高い ・破裂の危険性がある

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です